NEW ITEMS


LOTUS esprit S1


SDCS ZAKU Ⅱ


HG ZAKU Ⅱ


TOPICS


INFORMATION


TOOL


SHOP


AUCTION


木製展示台



LINK



























GALLERY

SD

F/A 騎士ガンダム



TAMIYA 1/12

DUCATI 1199
PANIGALE S



TAMIYA 1/24

SKYLINE GT-R
(NISMO)



たまごひこーき

VF-1A/J VALKYRIE



紅の豚

CURTISS R3C-0



STAR WARS

BB8&R2-D2



MACROSS F

VF-25S ozma custom



SD




RG

G-3 GUNDAM


Z GUNDAM


Z GUNDAM
LIMITED COLOR Ver.


WING GUNDAM
ZERO EW



HG

GUNDAM #1


GUNDAM #2


νGUNDAM


FULL ARMOR
UNICORN GUNDAM


GUNDAM LEOPARD
LEOPARD DA VINCI


OO QAN[T]


GRAZE EIN


PETIT'GGUY F/P



MG

SAZABI Ver.Ka



MIXING BUILD

BANSHEE NORN




■OPEN:10:00~19:00
定休日:日曜・祝日



■お問い合わせ E-mail 
fineworks@i.zaq.jp

(PC:24時間受付)



・当サイトへの無断リンク、
画像の転載等はご遠慮
お願いします。



Amazon









スポンサーリンク



a1DSCF2965.jpg





dDSCF2987.jpg






                    前回、機体部分のサフ吹き後仮組みまで終わったので、その続きからです。

                   同じくサフ吹き後の修正をしながら細かなところを見直していきました。


aDSCF2875.jpg
           ・スタビライザー・・・F43、F53は回転軸と差し込み部分なので無塗装。
           ・フライングアーマー・・・内蔵される中型の翼の支柱G9パーツも前回書いた条件に該当するため無塗装。
           ・シールド・・・B11パーツ、差し込み部分無塗装。





bDSCF2888.jpg
            ・機体とフライングアーマーの接続ジョイント、フック部分とボールをマスキングして無塗装(上・左)
            ・両腕の2連装グレネード・ランチャーの予備弾倉とビームライフルの差し込み部分無塗装。(上・右)
            ・シールドに脱着可能のグレネード・ランチャー、銃口のモールドがないため追加。(下・左)
            ・マニピュレーターのボール部分、マスキングして無塗装。指1本1本にも基本作業など丁寧に処理しました。





zDSCF2941.jpg
・ヒザ装甲の厚みがすこし目立つように思ったので、内と外の両面から薄く整形。






続いて追加武装です。



aDSCF2903.jpg
           ・選択肢は何通りかありますが、冒頭の写真のとおりハイパー・メガ・ランチャーを装備するため「HG Z」を購入。
           こうして見ると、HGの箱絵はRG Zに非常に似ており、二次元の精密な描写が(RGが発売された)2010年の時点で
           見事に再現されているんだなと感じました。





aDSCF2907.jpg
            ・基本作業など終了。Ζガンダム専用に開発された対艦攻撃用兵装”ハイパー・メガ・ランチャー”は非常に長く、
            Zガンダムの全高19.85mを大きく凌ぎます。





aDSCF2913.jpg
             ・基本作業後は銃の中央から後部はムニュ接着→合わせ目消しですが、中にペーパー当てで削れた
             プラの粉が残ると完成後気になるので、先に洗浄してから合わせ目処理を行いました。^^





              このHGのハイパー・メガ・ランチャーは完成後に立ててディスプレイすると各部少し合わせ目が

              目立つという事もあり、ディテールにこだわりました。

              また、先端の伸縮するバレル部分は銃本体にさらに被せる形のモナカ合わせとなっており

              構造的にみて後ハメ加工不可のため、本塗装後に合わせ目消しを行う予定です。


2zbDSCF2948.jpg
        ・銃を持った際の上面側、先端は本塗装後に合わせ目消しの処理予定。(左)
        ・中央は先に接着できますが、下側とのつじつまを合わせるため一部段落ち処理。一部形状を見て合わせ目消し。(中央)
        ・後部はムニュ接着→合わせ目消し。(右)





2zbDSCF2942.jpg
          ・下面側は冒頭の写真のように、立てて持たせると正面側にくるため合わせ目が目立ちます。先端は本塗装後に
           合わせ目消しの予定。(左)
          ・中央は先に接着できますが、ここは実質すべての合わせ目消しは不可能なため、段落ち+後部はエッジを落とした
           プラ板を貼って処理。(中央)
          ・後部はムニュ接着→合わせ目消し。(右)





zaDSCF2957.jpg
             ・銃を立てて持たせる際のグリップの下側の合わせ目も、その他との関連性を考えて一部段落ち処理。
              ※傾斜部分は合わせ目消し。(左)
             ・各グリップや小さな面も丁寧に合わせ目消しや基本作業、面出しを行っております。(中央・右)





zxDSCF2987.jpg
         ・最後に、RG ZはRGシリーズでは珍しく、すこし目立つフライングアーマーのこの位置に合わせ目ラインが左右
         合計4ヶ所あります。ノーマルカラーのZはここはブラックでラインが目立ちにくいので良いですが、今回の明るい水色だと
         ある程度目立ってしまいますので、丁寧に消しておくことにします。フライングアーマーは翼が格納されている関係上、
         通常の工程順でのムニュ接着は不可能の為、ここは本塗装後に対応したいと思います。^-^







                   最後に紹介した本塗装後に合わせ目消しを行う箇所は、やはり仮組みの段階で

                   面を合わせておいた方がのちのち作業効率がまったく違ってきますので、

                   しっかりと平らに整形しておきました。



                   これでサフ吹き工程までが終了です。





a1bDSCF2965.jpg









関連記事


2018/06/05 19:00 Zガンダム L/C Ver. TB(-) CM(-)