NEW ITEMS


Z GUNDAM
LIMITED COLOR Ver.


GUNDAM


OO QAN[T]


ZAKU Ⅱ
TOPICS


INFORMATION


SHOP


AUCTION


TOOL


木製展示台
GALLERY
SD

F/A 騎士ガンダム



TAMIYA 1/12

DUCATI 1199
PANIGALE S



TAMIYA 1/24

SKYLINE GT-R
(NISMO)



たまごひこーき

VF-1A/J VALKYRIE



紅の豚

CURTISS R3C-0



STAR WARS

BB8&R2-D2



MACROSS F

VF-25S ozma custom



SDシリーズ




RG

G-3 GUNDAM


Z GUNDAM


Z GUNDAM
LIMITED COLOR Ver.


WING GUNDAM
ZERO EW



HG

GUNDAM


νGUNDAM


FULL ARMOR
UNICORN GUNDAM


GUNDAM LEOPARD
LEOPARD DA VINCI


GRAZE EIN


PETIT'GGUY F/P



MG

SAZABI Ver.Ka



MIXING BUILD

BANSHEE NORN




■OPEN:10:00~19:00
定休日:日曜・祝日


■E-mail 
fineworks@i.zaq.jp

(PC:24時間受付)


・当サイトへの無断リンク、
画像の転載等はご遠慮
お願いします。



LINK






















Amazon








bDSCF1714.jpg




                      前回の仮組み終了後、コツコツと作業して本塗装がすべて終了しました。

                      最終組み立ての内容を、数回に分けて気付いた点や

                      注意したところを中心に書き記していきます。m(__)m



                      今回は説明書①~④です。





aDSCF0217.jpg
・前回の仮組み状態





bDSCF1436.jpg
・慎重に分解





aDSCF1437.jpg
・仮組み時にサフ吹きをしていなかったパーツを洗浄





aDSCF1442.jpg
・乾燥→サフ吹き





aDSCF1515.jpg
・塗装は細部も含めてできる限りエアブラシを使用しています。







それでは最終組み立て開始です。



bDSCF1581.jpg
         ・まずはエンジン単体の組み立て。使用したエッチングパーツは他のモデルと兼用の部分もあるのか、ボルト表現など数種類余ります。
         この余剰分を使用して、そのままでは何もモールドがないエンジンのボルト部分をより精密に表現しました。ただし個数は限られているため、
         同列の部分は全て埋まるようにして、エンジンの左右にバランスよく目立つところをメインに取り付けています。瞬間接着剤を使用して
         1つづつ慎重に点置き。()エッチングパーツに置き換えたエンジン下部の黒いボックスは極小のリベット×7でしっかり固定されます。







次はマフラーです。


bDSCF1535.jpg
      ・マフラーにはバンドとスプリングのエッチングパーツを取り付けますが、残念ながら資料からは正確な位置が判断できなかったので、エッチングに
      入っていた説明書を見ておおよそ指示通りの箇所に取り付けることに。部品品質やその他の箇所の指示精度からして、説明書を信頼しても問題ないかな
      とは思います。マフラーを仮組みし、実際に説明書通りに取り付けてもスプリングがエンジンに当たらないかや角度など確認。





aDSCF1538.jpg
・エッチングパーツのフックを90度に曲げます。スプリングは特に何もしなくても大丈夫でした。






bDSCF1574.jpg
・フック取り付け。





aDSCF1577.jpg
                       ・フックにも塗料がしっかり乗るようエアブラシのノズルを絞って部分的に
                       プライマーを吹いておき、下地にピュアブラック(G)で塗装。





bDSCF1686.jpg
       ・続いてシルバーで塗装。今回はガイアノーツのプレミアムメッキシルバーの改良版である「GP-08 プレミアムミラークローム」を使用しました。
       昨年末に発売開始されたばかりですが、エアブラシ専用(希釈済み)で30ml定価1,620円ということで塗料としては最も高価な部類に入るかと思います。💦





eDSCF1689.jpg
         ・そのプレミアムミラークロームですが、現在市販されているものでは最も綺麗で高品質にメッキカラーに塗装できるかと思います。(左端)
         今作品に関してはピカピカ過ぎるのでスモークを吹いて彩度を落とし、焼け表現を見据えてややグラデーション気味にガンメタルを塗装。(右端)





aDSCF1696.jpg
                 ・参考資料を見て、溶接部分付近をメインにスターブライトゴールド(G)で焼け表現→クリアブルー、
                 クリアーオレンジ、クリアーレッドで焼け部分に深みを与えてみました。





aDSCF1704.jpg
        ・最後にもう一度ガンメタル→プレミアムミラークロームで微調整して完成。溶接部分は細切りしたミラーフィニッシュを巻き付けて表現。
        各スプリングは、フックをすべてスプリングがわずかに伸びる距離で接着しているため、接着剤なしでしっかりと取り付けることができます。^^





bDSCF1708.jpg
      ・エンジンが完成。各塗料は、絶妙な色合いを正確に表現するためマフラー以外は基本的には指定のタミヤカラーを使用しています。また、本塗装後に
      エナメルで全体的に軽いウォッシングを行いましたが、汚すというよりはより立体感を持たせるという意味合いで行いました。ミラーフィニッシュで
      表現した溶接部分はすこし明るいですが、何もしないよりメリハリが出てはるかに良いと感じたので今回はこれで良しとしたいと思います。m(__)m





dDSCF1711.jpg







引き続きラジエター周りです。


bDSCF1589.jpg
          ・各ホースにはホースバンド表現の単純な凸モールドがありましたが、すべて削ってエッチングパーツに置き換え。このモールドの
          数と付属するエッチングパーツの数が合わずバンドが1つだけ不足しますが、同形状ですこし長いサイズのものは余裕をもって
          余るのでそちらを適度な長さにカットして使用しました。ピンは実際に組付けた際に見栄えする位置にしています。^^





aDSCF1595.jpg
            ・ラジエターの前面のエッチングは、実物が小さくなったらきめ細かなすこし暗いメッシュ状に見えるだろうなと想像して
            軽く「スモーク→マットブラック」で塗装。もちろん塗装したエッチングにはすべて下地にプライマーを吹いています。





aDSCF1593.jpg
・完成後はあまり見えませんが裏側もエッチングです。





aDSCF1592.jpg
・下部のファンもエッチングパーツを極小リベットで取り付け。ここは完成後も見えます。^^






cDSCF1716.jpg
・組み立て説明書①~④までが完成。デカールを貼ったところはすべて該当する艶でトップコートしてデカール剥がれが起こらないようにしておきました。






bDSCF1717.jpg


aDSCF1720.jpg







                       マフラーの色味は参考にした資料を目標にオリジナルの塗料+塗装手順としましたが、

                       タミヤHPの完成品からもあまり遠くならないようにしています。





aDSCF1719.jpg


bDSCF1718.jpg







次回、組み立て説明書⑤~⑨までを予定しています。












関連記事




2018/03/15 21:03 ドゥカティ 1199 パニガーレS TB(-) CM(-)