NEW ITEMS


Z GUNDAM
LIMITED COLOR Ver.


GUNDAM


OO QAN[T]


ZAKU Ⅱ
TOPICS


INFORMATION


SHOP


AUCTION


TOOL


木製展示台
GALLERY
SD

F/A 騎士ガンダム



TAMIYA 1/12

DUCATI 1199
PANIGALE S



TAMIYA 1/24

SKYLINE GT-R
(NISMO)



たまごひこーき

VF-1A/J VALKYRIE



紅の豚

CURTISS R3C-0



STAR WARS

BB8&R2-D2



MACROSS F

VF-25S ozma custom



SDシリーズ




RG

G-3 GUNDAM


Z GUNDAM


Z GUNDAM
LIMITED COLOR Ver.


WING GUNDAM
ZERO EW



HG

GUNDAM


νGUNDAM


FULL ARMOR
UNICORN GUNDAM


GUNDAM LEOPARD
LEOPARD DA VINCI


GRAZE EIN


PETIT'GGUY F/P



MG

SAZABI Ver.Ka



MIXING BUILD

BANSHEE NORN




■OPEN:10:00~19:00
定休日:日曜・祝日


■E-mail 
fineworks@i.zaq.jp

(PC:24時間受付)


・当サイトへの無断リンク、
画像の転載等はご遠慮
お願いします。



LINK






















Amazon








■2017.6.29 ROLLOUT

bP1014885.jpg





fP1014896.jpg





aP1014878.jpg






                              "VF-1A VALKYRIE"完成致しました。

                              基本的には通常の全塗装です。

                              各工程や仕様等を掲載します。





bP1014773.jpg








                         ■塗装

                          今回は特に改修は行いませんので、たくさんあるデカールを

                         できる限りエアブラシ塗装で表現することに主眼を置きました。

                         これにより長期間良い状態を保てるというメリットもあるかと思います。



aP1014801.jpg
           ①赤い円形部分をマスキングゾルで覆います。 ②小さな円形部分もゾルを塗ったのち、全体をマスキング。
           ③黒い帯を塗装後、はじめの赤い円形部分を残して再度マスキング。 ④小さなウイングもマスキング+エアブラシで塗装して完成。





bP1014791.jpg
・左右ウイングは74番と76番が指定のデカールですが、マークと機体ナンバー部分を除き、黒帯部分をマスキング→塗装としました。






aP1014794.jpg
          ・キャノピーの黒いラインは薄くモールドがあります。ここもデカールが用意されていますが、マスキングしてエアブラシ塗装。
          球面に綺麗にマスキングするのは難しいため、また作業効率なども考えて1辺づつ塗装。





aP1014828.jpg
・パイロット下と両腕内部にカットした鉛板(合計7g)を内蔵して手に持った際の重量感を増しています。






cP1014830.jpg
            ・機体を後ろから見た時に見える四角い部分()はカラー指示がなかったので、箱の完成写真を参考に塗装しました。
            部分はパーツの裏側と勘違いしがちですが、ここは表面になるため機体と同じカラーで塗装する必要がありました。





aP1014799.jpg
・塗装途中に仮組み。その他、機体各部にある円形のモールドやウイングとウイングの間にある黒いラインなどもすべて塗装です。






aP1014803.jpg
・パイロットは③のところまでエアブラシ塗装。






cP1014823.jpg
           ・操縦席、後部車輪の左右格納パネルの一部、頭部、両腕の黒いライン、垂直尾翼先端のレッドなどもエアブラシで塗装。
           4つある車輪の表裏もすべてマスキングゾルを使ってエアブラシで塗装しています。





以上ですべての塗装が終了したため、上下機体の合わせ目消しを行いました。








                         ■合わせ目消し

aP1014833.jpg
          ・今回は本塗装後にムニュ接着+溶きパテを塗って消す方法を採用しています。注意した点として、の垂直部分の合わせ目は構造上
          パーツを前後にグッと押し付けることはできないため、多少多めにパテを塗っておきました。





aP1014837.jpg
・乾燥したあと、何度もサンドペーパーで均してはサフ吹きを行い、完全にラインが消えるところまで合わせ目消し→塗装。








                         ■スミ入れ・デカール貼り・トップコート.etc

cP1014842.jpg
         ・スミ入れは両腕の間など一部を除き、グレーを使用。キャノピーにパイロット名を貼りますが、ここも剥がれない様にトップコート。
         ・キャノピー後部のレッド+ブラックの帯ですが、同位置に3本のすこし深いスリットモールド()があるためデカール軟化剤を使っても
         綺麗に貼り付けられそうになかったため、両サイド()のみデカールを使用し、あとはエアブラシで表現することにしました。

※ご指示いただきました通り、「ドクロマークのデカールは省略+左右の主翼は本来は可動しますが、箱絵と同じ程度で固定」しております。






bP1014864.jpg
・レッド+ブラックのラインが左右のデカールと同じ色味になるよう気を付けました。






bP1014853.jpg
・つや消しトップコートはEx-04 EX-フラットクリアー(G)を使用。(ガンポッドとヘルメット上部は半艶です。)






aP1014860.jpg
・組み立て・・・必要な箇所は接着剤で固定しています。キャノピーは内側に指紋やホコリなど付かないようシンナーで綺麗にして慎重に取り付け。






aP1014865.jpg
・完成 (木製展示台 150×100×15mm メープル色付属)






aP1014979.jpg
・最終チェックを行いながら各部綺麗な状態にしてギフトボックスに収納。中身ですが、フィギュア用梱包材で周囲を埋めて完全に固定しております。






bP1014882.jpg





bP1014893





aP1014923.jpg





aP1015036.jpg





ありがとうございました。m(__)m





dP1014920.jpg









関連記事




2017/06/29 19:00 VF-1A/J TB(-) CM(-)