NEW ITEMS


LOTUS esprit S1


SDCS ZAKU Ⅱ


HG ZAKU Ⅱ


TOPICS


INFORMATION


TOOL


SHOP


AUCTION


木製展示台



LINK



























GALLERY

SD

F/A 騎士ガンダム



TAMIYA 1/12

DUCATI 1199
PANIGALE S



TAMIYA 1/24

SKYLINE GT-R
(NISMO)



たまごひこーき

VF-1A/J VALKYRIE



紅の豚

CURTISS R3C-0



STAR WARS

BB8&R2-D2



MACROSS F

VF-25S ozma custom



SD




RG

G-3 GUNDAM


Z GUNDAM


Z GUNDAM
LIMITED COLOR Ver.


WING GUNDAM
ZERO EW



HG

GUNDAM #1


GUNDAM #2


νGUNDAM


FULL ARMOR
UNICORN GUNDAM


GUNDAM LEOPARD
LEOPARD DA VINCI


OO QAN[T]


GRAZE EIN


PETIT'GGUY F/P



MG

SAZABI Ver.Ka



MIXING BUILD

BANSHEE NORN




■OPEN:10:00~19:00
定休日:日曜・祝日



■お問い合わせ E-mail 
fineworks@i.zaq.jp

(PC:24時間受付)



・当サイトへの無断リンク、
画像の転載等はご遠慮
お願いします。



Amazon









スポンサーリンク



aP1012955.jpg




                          制作記はボディの組み立てに入り最終段階です。

                         ここからはサイドスカートのみ持って、その他は極力

                         触れないように気を付けました。





aP1012982.jpg
     ・はじめにクリアーパーツの取り付けです。内装はルーフ、サイドミラーの内側()やA・Cピラー内側など、完成後に見える可能性が
      わずかでもある箇所はすべて塗装しています。
     ・特にサイドミラーはウィンドウのクリアーパーツに接着するため、細かいですが反対側から室内を覗き込んだ際に、接着面がそのまま
      見える形になってしまいます。クリアーパーツの内側からドアミラーの接着面と同じ面積だけ塗装することによって、接着部分が完全に隠れます。





bP1012959.jpg
      ・フロントライトですが、指示通り上部はセミグロスブラック()、カバーは無塗装で取り付け。ライト内のシルバー部分は実車は多少
      白っぽくも見えるため、指示通りのカラーにはせず①ライトを残して全体をマスキング②一度サフ吹きを行ってガンメタで塗装されたライト
      内部をリセット③ホワイトを吹いてから④シルバーを全体に”下地のホワイトがすこし残る程度で塗装”してわずかながら白みを表現しました。





aF95S3979.jpg






                        次はリア側です。

                        スポイラーは短時間で正確な位置に設置したかったため

                        エポキシで取り付けました。





bP1012963.jpg
     ・インレットマークで表現される「NISSAN」と「GT-R」のバッジは実車写真を参考にしてできる限り正確な位置に貼り付け。
      丸型4灯のブレーキランプはホイールのセンターキャップと同じく表裏があり、モールドがなくツルツルしている側が表面にきます。
      内部はフロントと同じくサフ吹きでリセットし、こちらはホワイトは塗装せず指示通りシルバーで吹いたのみです。
     ・リアのウインカーランプ()は別パーツではなくデカールですが、ここは網目など細かなランプ表現があるためこれがベストなのかも
      しれません。こういったボディの小さなデカールは剥がれ防止のためトップコートを行っておきました。





aP1012976.jpg
・柔らかい布で全体をふき取り。
 





bP1012970_201702202254144b6.jpg
        ・ボディ、シャーシが終了。完成後、内部で取れないホコリが出てこないよう、シャーシとボディを取り付ける前に
        内装やボディ内側を筆で撫でてからエアブラシでかるく吹いて綺麗にしておきました。





aP1012983.jpg
   ・シャーシの指定の位置に慎重に取り付け。なお、前輪はわずかに”トーイン+キャンバー角はマイナス”となり、後輪はすべて中立位置になりました。
   これらが綺麗に左右対称になることからしても、1パーツづつ慎重に取り付けていけば、古いとはいえかなりの精度で組立てられるキットのようです。





aP1012985.jpg
      ・ワイパー取り付け+真鍮線でボンネットステーを作り、実写と大体同じ位置に設置できるようボンネット裏にモールドを作ってみました。
      また、よりワイドな印象になるようホイールの内側に取りつける0.1mm厚の丸いスペーサーを4つ作っていましたが、仮組みしてみると
      フェンダーとタイヤはほぼ面一だったため取り付ける必要はありませんでした。





bP1012987.jpg
       ・最後にボディ全体にモデリングワックスを薄く伸ばして塗っておきます。フロントガラスなどのクリアーパーツ部分は、柔らかい布や
       ティッシュにシンナーを少量付けて軽く拭くと綺麗になります。ただし塗膜に触れると影響がでるため、作業は慎重に行いました。





aP1013002.jpg
     ・組み立て説明書ではボディを合わせる前に取りつけますが、撮影のためとできる限り綺麗な状態を保つため、完成ギリギリのこの段階で
     タイヤを制作。(※)ホイールは今回すこしレーシーなイメージになるようピュアホワイトで塗装してみました。NISMOデカールを貼ったのち、
     艶ありでトップコートしています。

     ※ボディとシャーシを取り付けてからタイヤを装着しようとすると、タイヤとホイールハウスがわずかに干渉します。撮影のためタイヤを
     取り付ける前にボディとシャーシを組み立てていますが、タイヤを装着する際は一度ボディを外してから行っています。





aP1012767.jpg
・前後しますが、今回デカールを貼った箇所はすべて剥がれ防止のためトップコートを行っています。






aP1013004.jpg
・ナンバープレートは「GT-R」と「NISMO」の2通りから選択できます。ニスモを採用してこちらもトップコート。箱絵の通り取り付けておりません。






aP1013005.jpg
・完成。





                           現在、一部仕様変更と材料入荷待ちです。

                           第10回目で追記をupした後、最終回となります。





aP1012998.jpg





aP1013285_201707210015227b3.jpg














関連記事


2017/02/11 15:00 スカイライン GT-R (NISMO) TB(-) CM(-)